刑事事件 弁護士 千葉 逮捕された場合と早期釈放

逮捕(最大72時間の身体拘束)されると通常は、検察官から勾留請求がだされ裁判所により勾留決定(10日間の身体拘束、その後、最大合計20日間の身体拘束)が下されます。

ところが弁護士に依頼するなどした場合、弁護士からの働きかけなどによって
①勾留請求が回避される→釈放
②勾留請求が却下される→釈放
③勾留決定が取り消される→釈放
というように3パターンの早期釈放の可能性を高めることができます。

このような早期釈放のための弁護士の活動に関しては正直なところ、弁護士の経験や能力というのが大きく影響してくる部分であるものと言えます。

私の場合(最近の印象に残っている事案の一例です)
・余罪多数の盗撮目的での建造物侵入事件→勾留請求却下獲得
・余罪多数の器物損壊事件(内容的には、電車や駅での痴漢事件)
→勾留請求却下決定獲得
・児童ポルノ事件(所持及び提供)→勾留請求却下決定獲得
・廃棄物処理法違反(大々的に報道された事案でした)→勾留請求却下決定獲得
などをはじめとして その他、迷惑条例違反事件、淫行条例違反などの条例違反事件(条例違反事件は、比較的に早期釈放が獲得しやすい事件となります)、有印私文書偽造、同公使事件など非常に多数の事件にて早期釈放を実現しています(なお、当事務所での実績ではなく、私個人の実績です)。

家族や友人が逮捕されてしまった場合早期釈放をご希望なら、信頼できる弁護士にご依頼ください。

千葉県内全域(千葉市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、木更津市、館山市、匝瑳市、東金市、銚子市など)の刑事事件に迅速対応。 年中無休対応即日接見対応。